学科紹介

経済学科 概要

経済学科 概要

経済学科では、経済学、会計学、商学、法学などの幅広い視点に基づいた問題解決能力を身につけ、身近な地域経済社会やグローバリゼーションの深化とともに変容する国際経済社会が抱える諸問題に対応できる人材育成をめざしています。2つの履修モデルを軸として構成される経済専門科目や、学生の興味やキャリア形成に合わせたキャリア関連科目を体系的に受講でき、分野横断的に専門知識の習得が可能です。商学や法学などの専任教員も所属しており、めざす将来に合わせた学びが得られます。

また、キャリア関連科目も充実しています。日商簿記やファイナンシャルプランナー、公務員試験の対策講座、ビジネススキルの習得、インターンシップ体験などを「地域参画ワークショップ」「キャリアスキル」「キャリアスキル特講」として開講し、より効率的なキャリアアップが可能となるようにしています。これらは、いずれも卒業認定単位にカウントできる正規の授業となります。

2つの履修モデル

従来の産業構造に高度情報技術を融合した新しい産業の発展。海外と接するビジネスの枠組みの変化。女性の社会進出に代表される働き方の多様化など、時代が変わりつつあります。経済学科では、こうした変化に対応し、学科の構成やカリキュラムを構築。「ビジネス・金融会計」、「公共・政策」の2つの履修モデルを軸とし、それぞれの将来に合わせた学びを実現します。

ビジネス・金融会計モデル

経済学・商学・会計分野での学びを基礎に、企業戦略、マーケティング、金融経済、企業会計などビジネスに必要な専門知識をマスターするための履修モデルです。金融業、製造業、流通業などで活躍するビジネスパーソンから会計・税務の専門家まで、幅広い人材を養成します。

ビジネス・金融会計モデル

公共・政策モデル

世界規模の視点で考え、地域視点で行動するために求められる知識を学ぶ履修モデルです。経済学・法学での学びを基礎に、国際経済、都市・地域活性化などを学びます。企業や公共団体での国際的な活躍や、地方行政の現場をめざす人に適しています。

公共・政策モデル