スマホ向け表示
HOME  >  学科紹介

教員紹介

学科概要

 経済学科は、国際化・情報化のなかで新たな進展をみせる経済社会にスポットを当て、法学や商学の成果にも目を向けつつ、将来の社会のパイオニアを育成することを目的としています。こうした目的を実現するために、3つのコースに分類したカリキュラム編成を行っています。
また、キャリア関連科目も充実しています。日商簿記やファイナンシャルプランナー、公務員試験の対策講座、ビジネススキルの習得、インターンシップ体験などを「自立と体験2」「キャリア講義」「キャリア特講」としてそれぞれ開講し、より効率的なキャリアアップが可能となるようにしています。これらは、いずれも卒業認定単位にカウントできる正規の授業となります。
 

エントリーシート対策講座 新入生キャンプ 成績優秀者表彰

 

よくあるご質問

何か資格等に関連する授業はありますか?
「キャリア特講」では、日商簿記2、3級、ファイナンシャル・プランニング技能検定3級の資格取得が目指せます。学外から招いた講師も加わって試験対策を指導しています。経済学科の学生であれば、テキスト代のみで専門学校と同様の講義を受講することが可能です。また、公務員を目指す学生のための講座も開講しています。

さらに、所定の科目を修了すれば、図書館司書、中学校教諭一種免許状(社会)、高等学校教諭一種免許状(地理歴史・公民)の取得も可能です。
学科での就職関係のサポート等はありますか?
経済学科の卒業生は小売業をはじめ、金融業や不動産業、卸売業、サービス業、公務員など幅広い業種で活躍しています。こうした就職実績の背景にあるのは充実したキャリア教育です。1年次から「キャリア講義」などの科目を開講して、就職に対する心構えから基本的なマナーまでを指導しています。さらに、エントリーシート対策講座や模擬面接講座を通して、早い時期から学生の就職活動への不安を取り除き、前向きに臨むことを目指します。
学科で何かイベント等を実施していますか?
経済学科では、毎年4月に1泊2日の新入生キャンプを実施して、学生と教員との交流を図っています。
また、毎年、前年度の成績優秀者を対象とした表彰式を行っています。

このページの先頭へ