先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

クルマ好き、運転好きが興味のきっかけに

メッセージ

神奈川日産自動車が展開している、神奈川県内の販売店でテクニカルアドバイザーとして勤務することになります。お客様にクルマや車検のご説明をしたり、お客様とテクニカルスタッフ(整備担当)の間に入って、スムーズなサービスをご提供したりするのがテクニカルアドバイザーの仕事になります。

就職活動当初は、どんな業界や業種が合っているのか分かりませんでした。正直に申しますと、社風や福利厚生ばかりを重視して自分に合うかどうかはあまり考えず、説明会に参加する会社を選んでいました。

元々、クルマを見ることや運転することが好きなので、話だけでも聞いてみようと思い、神奈川日産自動車の会社説明会に参加しました。採用担当者の方が丁寧に説明してくださり、分からない点なども親身になって教えていただいたのも決め手になりました。最初にいただいた内定先ですが、良い縁に巡り会えて良かったです。

キャリアセンターで就職活動の基礎を学ぶ

メッセージ

学生生活では、アルバイトに明け暮れていたため、1単位足りずに留年してしまったのが苦い経験でしたが、逆に成長できたのではと思っています。1年先に卒業した仲間を見てきたのと、その仲間達から情報を得たことから、できるだけ早く内定を得たいと焦ったり、不安を感じたりしました。

そうした時はゼミの先生にいろいろなアドバイスをいただき、平常心を取り戻しました。またキャリアセンターでは、会社説明会の情報や面接の練習、履歴書、エントリーシートの書き方などを徹底的に見ていただき、自信をつけました。

明星大学経済学部に入学したのは、経済学部なら幅広い勉強ができると考えたからです。大学生活では、ダブルダッチのサークルに入っていました。他にもダンスを習ったり、飲食店でのアルバイトも掛け持ちでやったりしました。私はマイペースで人に頼りがちでしたが、サークル活動や就職活動を通して、自分で考え行動できるよう成長しました。

自分にとって最も大切なことは何かを考える

メッセージ

私の経験で良かったと思うのは、就職活動を早くスタートさせたことです。最初は業界を絞りきれない方もいると思いますが、大学の説明会だけでなく、実際に企業に足を運び、雰囲気や先輩方のお話を聞くことから始めるのも良いと思います。まずは自分が興味を持ったところからスタートし、関心を抱けば業界研究などにも熱心に取り組めると思います。また、働く上で、自分は何を最も大切にするか、という点にも正直であって欲しいです。