先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

ITで社会に貢献したい

メッセージ

自社開発製品、開発先常駐のIT企業であるブライセンでは、営業を担当させていただくことになります。就職活動の当初は飲料メーカーを希望していましたが、活動を重ねていくに連れて、IT技術がどんな業界でも欠かせなくなると気がつき、IT業界にシフトしました。

経営は、「ヒト・モノ・カネ」から「人・データ・機械」に変わっていくのではないかと考えるようになったのもIT業界を志した理由のひとつです。

将来の目標は、小さなお子さんやお年寄りでもより容易にタブレットなどを操作できるような、教育やプログラムの導入を担当することです。いまでも学校や学習塾に導入されているものの、指導者が不足しているなどの課題もあります。就職先となるブライセンでは、まだこうした事業を手がけてはいませんが、私が推進できればと思っています。

周りから内定者が出始めると、不安を抱えながら面接に挑むことが多くなりました。その時は、経済学部の特徴である「自立と体験2」という「キャリア系授業」の履修経験が役立ちました。企業の方にプレゼンテーションなどを評価していただくといった経験を、就職活動の1年前からできていたことが、最終的には不安の克服につながりました。さらに、経済学部支援室のバックアップ体制も心強かったです。

臆病な自分から前向きな姿勢に変わった講義

メッセージ

大学1年生の頃は、大学に入学した動機も曖昧だったこともあり、何事に対しても消極的でした。しかし「自立と体験」の講義を受けるにつれて、笑われてもいいから自分からアクションを起こそうと自然に変わっていったと思います。

私が発起人を務めた「EADS(イーズ)」に加えて、「職欲(ジョブヨク)の未来」という社会人とのワークショップ企画運営団体の2つの学生代表を兼任してきました。これらの団体でイベントを主催したり、大学からイベントの運営を請け負ったりと、様々な社会人の方と関わり合ってきました。いつの間にか人脈が広がり、他大学の学生や社会人の方と親しくなれたのも、私自身が前向きな姿勢に変わったからだと思っています。

これから明星大学経済学部を受けようと考えている高校生には、できる範囲で良いので積極的な姿勢で臨んで欲しいと思います。就職や職業に対して、ぼんやりとでもいいので興味を持って欲しい。例えば、周囲の社会人の方に対して、この方はどんなことをしているのだろう、と関心を抱くことが就職活動の一歩になると思います。

一番恥ずかしいことは何もしないこと

メッセージ

就職活動には、自分を見てもらうために、堂々と臨んで欲しいと思います。最初の頃は、面接では周囲の学生を気にしたり、面接官を必要以上に意識すると思います。そうならないためには、万全の準備が必要。何かに興味を持ったら失敗してもいいからトライしてみる。結果が思うように出なくても、改善点に気付くことで前に進む力になりますし、その前向きな姿勢が周囲からの評価・信頼につながります。ぜひ、大学生という立場を使って、まずは何事にもチャレンジしてください。