先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

人々の生活を支える業種に惹かれました

メッセージ

明治安田生命保険を含めて4社から内定をいただきました。しかし、当初から業界を絞っていたわけではありません。様々な業界がありますから、各業界がもつ面白さや奥深さを知ることを第一歩としました。

最終的に選んだ生命保険業界が扱う保険は、人々の生活を支える重要なものです。日本で最初に作られた保険会社である明治安田生命保険は、創業以来掲げている相互扶助の精神のもと、長い歴史とお客様の生活を支えるという信念があります。大学入学時には、将来どんな職業に就くかは決めていませんでしたが、どんな仕事でも自分らしく、向上心をもって取り組むという私の姿勢に合う企業だと思えたのも決め手でした。

入社後は、法人総合営業職として専門知識のスキルアップや資格取得を考えています。しかし、それだけではなく、保険というお客様の生涯を支える大事な商品を扱う責任がありますので、仕事に誠実に向き合い、人間的にも成長していきたいです。

明星大学経済学部は自分を発信できる場

メッセージ

明星大学経済学部では、社会の現状やお金の流れという経済学の基本や概要を学ぶのはもちろん、商学・経営学・法学といった幅広い分野の講義を受講できます。

経済は単独で成り立つ学問ではなく、社会に通用する、応用的で幅広い知識を身につけることが肝要です。同学部ではこうした幅の広さに加えて、グループごとで企業の売上向上策を出し合う機会があるなど、学びをより実践的に活かすことができます。講義で自分の意見を発信する場が多かった事も就職活動では強みになりました。

こうした同学部の利点である少人数の授業を活かし、先生から就職活動の準備の段階から各学生に合った的確なアドバイスをいただく機会が多かったなと思っています。私は、サークル活動などはしていませんでしたが、こうした同学部の特徴もあって、能動的に授業に取り組むことで考える力がついたと考えています。

行き詰まったら原点に戻る勇気を

メッセージ

就職活動はとても長い道のりであり、大変な時もあると思います。まずは、就職活動の枠に縛られずに学業でも遊びでも、一生懸命取り組むことが自分の価値観や考え方を形成し、経験を通じて成長することで結果的に就職活動につながるはずです。また、就職活動に正解はないと思います。確かに、模範的な答え方は確かに存在するかもしれませんが、絶対的なものではないでしょう。エントリーシートや面接が通らなかった時は、原因が分からず落ち込むこともありました。しかし、現実逃避をするのではなく、冷静になって自己を見つめ直すことを繰り返しました。それも何事にも懸命に取り組んだという自信があったからこそだと思います。