先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

経済学部は万全の公務員対策が取れる

メッセージ

子どもの頃から剣道を習っていたため、出稽古など通じて警察官の方と触れ合う機会が多く、自然と警察官になる憧れを抱いてきました。まずは、地域の人と関わりながら、後々は刑事課で事件を解決するなど社会に貢献することが当面の目標です。

公務員1本に絞って就職活動をしていましたが、万一という不安もあり、民間企業の情報集めはしていました。それでも本命の公務員試験に1回で合格するため、大学生活の中心はその試験勉強でした。

明星大学経済学部は、キャリア講義や公務員試験対策がしっかりしていてその利点を存分に享受できました。中でもキャリア講義は、2年次から履修し、早い時期から公務員試験の問題に触れることができたのが大きかったと思います。公務員の履修カリキュラムが充実していますので、将来的に公務員を考えている高校生の方におすすめしたいです。

剣道部の主将で得た強い責任感

メッセージ

大学生活は1人暮らしでしたので、健康管理のため毎日なるべく自炊し、お昼の弁当も作っていました。極力親に頼らず、アルバイトの収入で自立した生活をするよう心がけていました。この経験は社会人になっても役立つはずです。

勉強だけでなく、3年生の冬から剣道部の主将として活動させていただきました。約60人いる部員をまとめるのは大変で、なるべく多くの意見を取り入れるように心がけてきました。主将として人をまとめることの難しさを学んだ経験と、その責務を全うしたことでより強固になった責任感の強さは、警察官になっても発揮できると考えています。

明星大学経済学部のサポート体制はとても手厚いですが、それを活かせるかは皆さんの努力次第です。同学部を受けようと考えている高校生の皆さんも、就職活動を控えている後輩の皆さんにも頑張ってほしいです。

繰り返し行った面接練習

メッセージ

まずは、基礎学力をしっかり身につけておいた方がいいと思います。勉強や試験対策、面接の練習開始は、早ければ早いほど良い結果に結びつくはずです。私の場合は、基礎固めをしてから試験の傾向を分析し、対策を入念にしてきました。経済学部やキャリアセンターでは、面接練習を繰り返ししていただき、セミナーの案件などを数多く提示していただいたことで、情報収集の面でもとても助かりました。