先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

明星大学経済学部で自分の興味につながったことや、今後も大事にしていきたいと感じた科目はありますか。

メッセージ

簿記2級と3級の資格取得を目指すキャリア特講の授業や、工業簿記財務会計論、簿記入門などです。簿記の勉強を大学1年生の冬あたりから始めたのですが、その頃から、卒業後は、金融業界や簿記が役に立つ業種に就職したいと考えていたので履修しました。これは役に立つと、履修中何度も思わされた授業内容で、無事就職先でも役立つ結果となりました。

明星大学で経済学を学んだことで、特に自分自身に影響を与えたことがあれば教えてください。

会計や金融の授業は、私の人生に最も影響を与えたと思います。大学1年生の時に、友人となんとなく受け始めた授業ですが、そこで簿記を始めてその面白さに気付き、これから先もやっていきたいなと思えたのは、大学生活の中でも、大きな出来事でした。

学生生活で最も楽しかったことはなんですか?またその理由を教えてください。

メッセージ

私はサークルに所属しておらず、いろんな人と関われるような機会が少なかったので、他学部の学生と関わりが持てる「自立と体験」や体育の授業などは、楽しかったです。今も一緒に遊びに行ったり出かけたりするような他学部の友人は、こういった授業で出会いました。

日野キャンパスの好きなところや、学内でオススメの場所などがあれば教えてください。

明星大学は中規模の大学だと思いますが、校舎がどこもきれいで、すごく広いところが良かったです。なかでもお気に入りなのは、27号館(丘の上の19階建)の上の階から眺める景色で、ガラス貼りの部屋が多く、ひとりでよく自習などをしていました。

明星大学の学生で良かったと思うことはなんでしょう。

職員の方々や先生方に、かなり手厚くお世話をしていただきました。そこがとても良かったと思っています。特に、少人数の授業でお世話になった先生方や、キャリアセンターや支援センターの方々には、顔や名前も覚えていただいて、就職活動などでもとてもお世話になりました。

高校時代と比べて、大学での学生生活はどのように変わりましたか。

メッセージ

高校までと違って、あらかじめ決められている時間割がないので、自分で予定を立てることができ、自由な時間がとても増えたと思います。計画をしっかり立てて、充実した生活を送ることが得意な人には、向いていると思いますが、自分で計画を立てるのがあまり得意ではない私は、慣れるまで少し苦労しました。

オフの日に楽しめる大学周辺のスポットを後輩に紹介してください。

4年間通ったはずですが、大学そばではあまり見つけられず、何処かあれば、後輩のみなさんに私が逆に聞きたいぐらいです。大学のモノレールの駅を下ったところにある、カレー屋さんはおすすめで、いろんな味のナンが食べられるので、良かったら行ってみてください。

経済学部以外も含めて、明星大学全体で魅力を感じた先生がいたら教えてください。

簿記や会計の授業を多くとっていたこともあって、特にたくさんの先生と関わってきたっていうことはなかったのですが、一番お世話になったのは、経済学部のゼミでもお世話になった堀江優子先生です。みんなに優しくて、時にはちょっと厳しくて、お母さんのような先生です。卒論や就職活動の時にもたいへんお世話になりました。

内定を得た勤務先で、明星大学で学んだことをどのように活かせると思いますか。

メッセージ

私は、信用金庫に就職することになりました。授業で身につけた、簿記や財務会計の知識は、これから一番活かせるスキルだと思っています。なによりも、それを一番活かせる就職先を選ぶことができたと思っています。