先輩からのメッセージ 経済学科の就職サポート

チャレンジゼミでの経験があったから、なりたい自分に近づけた

お客様の期待に応える行員に

中村 綾

金融を通じて社会を守り、社会を支える仕事がしたい。私が面接の時に伝えた言葉です。「お金を通じて社会をよくしていきたい。」そう考えてこの業界を志望しました。内定した三井住友銀行で私が希望した職種は、窓口業務。お客様と心から親身になってお付き合いしたいと思った事がその理由です。

大学生活では特別な目標や夢などはあまりなかったのですが、コンビニエンスストアでのアルバイトは入学当初から現在も続けています。アルバイトを通じて感じた事は、お客様とはもちろん、一緒に働くスタッフとの会話の大切さ。コミュニケーション能力を培う事ができたと思います。入行したら、お越しいただくお客様の悩みや相談事に真摯に対応して、家庭・企業の経済面を支える仕事ができたらいいなと思っています。まずは個人の預金・融資・保険・投資信託を複合的にご案内できる行員となって「またあなたに頼みたい。」と言っていただけるようになる事が目標です。

幅広く社会の事を学べる経済学部

中村 綾

この大学に入学する事を決めたのは、高校の恩師である担任の先生にご紹介いただいたからです。まだ将来の夢や就きたい職業が漠然としていた私は、幅広く社会の事を学べるこの経済学部で将来の目標が見つかるのではと思いました。また多くの資格取得の機会があることも経済学部を選んだ理由です。私は在学中に簿記とファイナンシャルプランナーの資格を取得する事ができました。

経済学部の就職活動講座やキャリアセンター主催のチャレンジゼミは「正しいお辞儀の仕方」「言葉遣い」「履歴書の書き方」などを丁寧に何度でも教えてくださり、就職活動を始める前の準備がしっかりとできたのでとてもありがたかったです。

こんな事がありました。三井住友銀行での最終面接を受けていた時、人事の方に「最後に、一緒に就職活動を振り返ってみましょうか。」と言われ、チャレンジゼミでの思い出を話しました。面接練習がうまくいかないなど辛く苦しい時期もありましたが、それを乗り越えたからここまで来られた、チャレンジゼミを続けてきて良かったと心の底から思い、面接中にも関わらず、ぽろぽろと涙があふれてしまいました。

辛い事にぶつかっても、諦めずに努力し続ければ、なりたい自分に近づける。明星大学はそう思う事のできる大学だと思います。

アドバイス

中村 綾

正直、私もこんな大きな会社に内定をいただけるとは思っていませんでした。

就職活動をする上で、みなさん必ず1度は壁にぶつかるはず。悩んでも苦しんでもいいので、絶対それに負けないで、諦めない心を持ち続けること。「やってみる。続けてみる。」それが肝心だと思います。そうする事で自分に自信が出てくるはずです。

  • 中村 綾
  • 鈴木 安梨沙
  • 赤川 純
  • 澤田 なるみ
  • 吉本 汀里
  • 南 翔大
  • 岩倉 達也
  • 髙野 静
  • 米波 恵汰
  • 堀内 美沙

バックナンバーはこちら

サポートの特長

トップへ戻る

このページの先頭へ