スマホ向け表示
HOME  >  学科紹介>  キャンパスライフ

学科紹介

経済学科をムービーでチェック

新入生キャンプ(長野県蓼科)の様子

経済学科では,1年生の4月上旬に1泊2日の合宿「新入生キャンプ」を開催しています.2014年の新入生キャンプは長野県の蓼科高原で開催しました.1年生が7人から8人のグループに分かれて,質問形式の課題に取り組みました.この課題は経済学科卒業生が執筆した卒業論文のタイトルをアレンジしたもので,『なぜ水をペットボトルで買うのか?』『TPPに参加したら日本の農業はどうなるのか?』『日本の映画料金はなぜ高いのか?』などの複数の題目から各グループがくじ引きでひとつ選びます.インターネットや教員とのディスカッションを通してまとめたグループとしての答えを1枚のポスターにまとめます.そして,翌日のプレゼンテーションに臨むのです.

新入生キャンプの実施にはふたつの目的があります.ひとつ目は「大学で学ぶということを体感する」ことです.大学では,自分が主体的にものごとを考え,それに対する自分の意見・主張を示す(プレゼンする)ということが求められます.与えられた課題について調べた内容を周りの人々にプレゼンすることの難しさと楽しさを新入生キャンプで知ってほしいと考えました.ふたつ目は「大学生活への不安を軽減する」ことです.入学直後は知り合いや友達も少なく,学ぶ環境も高校とは大きく異なります.大学生活への戸惑いを感じる1年生も多いでしょう.入学直後に学科の仲間や教員と交流する合宿を開催することにより,その後の大学生活への安心につなげます.

このページの先頭へ